「Peter Thorn」タグの記事一覧

【ギタリスト必見#6】スーパーギタリストPeter Thornさんの機材レビューが音作りの勉強になるぅぅううう!!

スーパーギタリストPeter Thornさんって? 以前、アコギ一本でボヘミアンラプソディーを演奏するダリル・ケリーさんについて、「【ギタリスト必見#5】アコギ一本で演奏するダリル・ケリーさんのクイーン「ボヘミアンラプソディー」が凄すぎる!※動画あり」の記事を書いた。 その時にダリル・ケリーさんの事を知るきっかけになったのが、今回の主役であるPeter Thorn(ピーター・ソーン)さんのFacebookの投稿だ。 ピーター・ソーンさんはアメリカで活躍するギタリストで、自分のバンドというよりも様々なミュージシャンのバックで演奏をしている。 例えばサウンドガーデンのクリス・コーネル コートニー・ラブ アリシア・キーズ ダニエル・ポーター などのライブでギタリストとして参加した経歴を持っている。 ピーター・ソーンさんの魅力!! 筆者がピーター・ソーンさんを知ったのは、T.C electronicのG-SYSTEMが欲しく参考の動画などを探していた時にピーター・ソーンさんがG-SYSTEMのレビューをしているのを見つけた時だ。 最初はギタリストには注目せずどんな音がするのかに注目していたが、G-SYSTEMスゲー!!と同時にこの兄ちゃんスゲーとなってしまった。 G-SYSTEMを弾きながらピーター・ソーンさんの機材紹介も織り交ぜる内容で、初めにアンプでCustom AudioのPT-100とdivided by 13を弾いて歪みとクリーン・クランチの紹介があった時点で既にやられてしまった。 以下、その時に動画なので見て欲しい。 G-SYSTEM – Peter Thornインタビュー/Part 1 G-SYSTEM – Peter Thornインタビュー/Part 2:サウンド・デモ 如何だろうか? 機材の紹介でも分かる通りかなり音作りにこだわっているのが分かると思う。 筆者が特に好きだったのはdivided by 13でビブラートのエフェクターをかけた音だった。 太さがありながらキレのあるクランチサウンド(クリーン?)にビブラートの揺れがのって幻想的な感じがした。 その他にもG-SYSTEMで作った音をペダルで変化させるのも面白い音がしていた。 機材レビューが参考になり過ぎる!! ピーター・ソーンさんは自身のYoutubeチャンネルでエフェクターやアンプ、ギターなどの機材のレビュー動画を投稿している。 例えば以下のSuhrのアンプのSL68の動画をご覧いただこう。 Suhr SL68 Handwired amplifier, demo by Pete Thorn Youtubeの登場で様々な人や楽器店などが試奏した公開しているが、音作りで納得のいく動画を公開している人は少ない。 その点ピーター・ソーンさんの動画は音色がかなり良く、とても参考になる(そして欲しくなる)。 さらに演奏が激ウマなのと、エフェクターやアンプの美味しい使い方が分かる。 特にこの動画の最後の「more Blown」の所でSL68のつまみをフルテンしてヴァン・ヘイレンのブラウンサウンドを再現している所に衝撃を受けた。 マーシャルアンプをフルテンにした音はマジカルと良く聞くが、この動画を見てまさにマジカルなブラウンサウンドを鳴らしていた。 筆者も自分でギターを弾く時の参考にさせてもらった! ピーター・ソーンさんは大のEVH好き!! こちらの動画をご覧頂こう。 How To Play “Eruption”, Part 1 これはピーター・ソーンさんがヴァン・ヘイレンのシグネイチャーアンプを使ってヴァン・ヘイレンの名曲「Eruption」の演奏しているものだ。 あの難しい「Eruption」見事なまでに完コピしているのも驚きだが、驚愕なのはその音作りだ。 リバーブとディレイのかかった荘厳なサウンドにMXRのPhase90の緩やかなうねりはまさにEruptionのサウンドそのものと言っても過言ではないだろう。 このEruptionの動画もパート3まであったので、ヴァン・ヘイレンが好きな人はチェックしてみて欲しい。 まとめ ピーター・ソーンさんに関してざっくりとまとめさせてもらった。 しかし、言葉で理解するよりも彼の動画を見た方が凄さが分かると思う。 現在もピーター・ソーンさんの音作りは進化しているようだ。 現在はG-Systemは導入しておらず代わりにコンパクトエフェクターを多く使っている。 Pete Thorn’s New Pedalboard, a Full Demonstration 一つ一つのエフェクターを使ったレビューなので、気になっているエフェクターがあるけど近所では売ってない人は、どんな音がするのか参考にしてみて欲しい。 ピーター・ソーンさんが好きなヴァン・ヘイレンの名言に、 「一流のプレーヤーは一流のリスナーでもある。」 という言葉がある。 一流のプレイヤーだからこそ機材のレビュー動画の音作りにも相当なこだわりがあるのだろう。 できるならあらゆるエフェクターのレビューを投稿してほしいものである。 筆者も最近動画作りにはまっており、ピーター・ソーンさんが使っているエフェクターいくつかあったので、参考レビューの動画を投稿したいと思う。 ピーター・ソーンさんのSNS ピーター・ソーンさんのSNSには興味深い動画がシェアされていたり、自身の更新情報などが流れてくるので興味を持った人はチェックしてみて欲しい。 ピーター・ソーンさんのFacebook⇒ https://www.facebook.com/guitarnerd ピーター・ソーンさんのTwitter⇒ https://twitter.com/petethorn ピーター・ソーンさんのYoutubeチャンネル⇒ https://www.youtube.com/user/sinasl1/featured ピーター・ソーンさんも実際に使っている(いた)エフェクター

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP