「比較」タグの記事一覧

映画キカイダーREBOOTが公開間近!!ビジンダーとサイドマシンなど新旧比較!!

5月キカイダーREBOOTが公開!!ビジンダーとサイドマシンの新旧比較!! 大人も子どももチェケラッチョ!! 5月24日より全国のTOHOシネマなどで石森章太郎原作の特撮「人造人間キカイダー」が1972年のテレビ番組の公開から42年の時を経て、キカイダーREBOOTとして復活し、映画が公開されるよ!! キカイダーって?なんぞやって思う方もいると思うのでざっくり説明すると、 「不完全な良心回路を持ち、善と悪の狭間で苦悩する人造人間の戦い」 ※wikiより ダークという悪の組織に拉致された光明寺博士が、ダークを倒すため密かに造りあげた人造人間がキカイダーである。 人間の時はジローというギターを持った青年(光明寺博士の息子タロー似せている)で、不完全な良心回路をもっているため、ダークのロボット博士であるプロフェッサー・ギルが笛を吹くと自らの良心とプロフェッサー・ギルの指令の板ばさみなってしまう。 しかし、ジローは完全な機械になりたくないという思いから完全な良心回路になることは望まず、良心と悪の指令の狭間で葛藤しながら正義のためにダークと闘うというストーリーだ。 機械のようにいたくないがためにあえて不完全な良心回路のままでいる=人間らしくいるっていう特撮のアニメなのにやたら哲学的な内容に惹かれずにはいられないね((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪ 今回はそんな深いテーマをもったキカイダーが42年の時を経て進化した再登場するREBOOTとしてよみがえったので、新旧の比較と出演者について書きたいと思います( ゚д゚)ノ ョロ!! キカイダー新旧比較 ◆ジロー/キカイダー 演じているのは入江 甚儀(いりえ じんぎ)さん。 1993年5月18日生まれでまもなく20歳を迎える(おめでとう!!) 身長181cmと高身長を活かして活躍する俳優さんで、2009年の「ごくせん THE MOVIE」や映画でパート2が上映される闇金うしじまくんのドラマにも出演していたよね キカイダーをきっかけに、これからの活躍が楽しみだ!! では、早速キカイダーの新旧を画像で比較してみよう!! 〈旧〉人造人間キカイダー 〈新〉キカイダーREBOOT 旧のキカイダーのレトロな雰囲気がなんとも懐かしい(リアルタイム世代ではないですが、、、)感じだけど、キカイダーREBOOTのカッコよさね!! ただ、どちらも無機質な感じにとても惹かれるね.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ では、続いてキカイダーの人間形態の時のジローの新旧比較をどうぞ! 〈旧〉ジロー 〈新〉ジロー 最近のアクションヒーローは本当にイケメンだけど、どちらかというと甘い感じの男性が多い印象だね。 昔のヒーローは結構男気を感じる俳優さんが多かった気がするよ! どちらもカッコイイんだけどね( *´艸`)クスクス 〈新旧俳優のツーショット〉 今回のキカイダーREBOOTではテレビ版の人造人間キカイダーでジローを演じた伴大介さんが、心理学者の前野究治朗役で出演するんだって!! 不完全な良心回路の発案者でその良心回路に悩むジローに対してアドバイスをするストーリーにおいて重要な役どころだ。 伴さんもきっと40年の時を経て、改めてキカイダーに関われるのは嬉しいんじゃないかな? ギター キカイダーにはギターが欠かせない。 ジローの状態の時にギターには単独行動をするときに必要なものが組み込まれている。 〈旧〉 〈新〉 旧キカイダーのジローが持つギターはアコースティックタイプで新キカイダーでのギターストラトタイプのエレキギターだ! ラージヘッドでフレットは恐らく24フレット仕様のSSHのピックアップ構成で・・・ってギターについてはいいよね(汗) サイドマシン新旧比較 続いてはキカイダーの愛車であるサイドマシンの比較を、と思ったんだけど新タイプのサイドマシンはまだ公開されていないね(ノω・、) ウゥ・・・ 見つけたら更新するので、今回は旧キカイダーのサイドマシンをチェック!! 〈旧〉 ※ ためきち ・ わーるど!!さんより 旧で使われたサイドマシンは1970年の東京モーターショーで公開されたコンセプトモデルのサイドカー「カワサキ 500SS マッハⅢ 」っていうみたい。 これって、形はそのままでも十分に今でも通用するカッコ良さじゃないかな? キカイダーREBOOTではどんなサイドマシンが登場するのか楽しみじゃない( ´艸`)

【映画】ロボコップのリメイクが2014年3月14日公開!!新旧のロボコップを比較したぞ!!※動画あり

リメイクロボコップ顔

懐かしい!?ロボコップがリメイクされるぞ!!新旧の比較をしてみた!! 筆者がまだいたいけな少年だった頃に憧れたヒーローの一人であるロボコップが映画「ロボコップ3」から21年の時を経てリメイクされる!! 当時リアルタイムに映画館では見ておらず、確か日曜洋画劇場で見た記憶がある。 殉職した警官がロボットになって甦るという設定や、無骨な鉄板に覆われて口元に人間の雰囲気を残したスタイルや、チンピラや悪人に対して圧倒的な強さを示していた所が印象的だった。 後は子供としては太ももに銃をしまってあるギミックには大いに刺激されて、おもちゃの銃を太ももに巻きつけてロボコップごっこをしたのを覚えている。 また生前の自分との葛藤や敵にやられて動けなくなってしまうというモロさには衝撃を受けた。 当時はヒーローは絶対的な存在であると思っていた為、無残な姿になったロボコップにはリアルさというのを初めて感じた。 リメイク版のロボコップは洗練された黒いボディのデザインがSOクール!! 今年リメイクされるロボコップはかなり洗練されたボディになっている。 色は特徴的な青みがかったシルバーから黒を基調とした色になっていて、ボディも角々しい感じは無く、人の体のつくりに近い丸みを帯びている。 新旧のロボコップの比較画像! 【上半身】 目元は旧が黒いラインだったのに対して、新の方は赤いラインが曲線を描いている。 リメイク版のロボコップの右手が素手なのは何か理由があるのだろうか? 【ロボコップのバイク】 旧のロボコップのバイクの詳細画像は見つからなかったが、ハーレータイプのバイクに乗っている。 対して新の方は流線型のボディで断然こっちの方がかっこいい。 【拳銃】 拳銃に関しては新しい方が色々できそうな期待感があるが、これは旧型の方が筆者は好みである。 何となく骨太な感じのロボコップのボディの割に細身の拳銃がかっこいいのだ! 【素顔】 面を取った時の素顔は圧倒的に旧型の方がインパクトがある。 何と言っても如何にも頭の中まで機械になってますよ感が、張り付いているだけのような顔からビンビン感じる。 新型の方は普通の人が全身をつつむスーツをまとっているだけと思える。 機械化された感じにこそロボ感を感じるのだ。 【俳優】 ピーター・ウェラー(当時30歳) ヨエル・キナマン(34歳) 年齢的には比較的同じ年代の2人だが、ピーター・ウェラーのベテラン具合が凄い。 正直ロボコップの印象としてはかなりのベテラン刑事であると思っていた。 ヨエル・キナマンは見た目が若いのでロボコップの持つベテラン具合いを目指すより、若さに溢れる警官役を演じた方が良いのではと思う。 しかし、ロボ化した後は人間のような滑らかな動きよりも、機械的なぎこちないロボット感を個人的には出してほしい。 予告動画を見て期待を膨らまそう!! 最後にリメイク版のロボコップの予告動画を見てほしい。 ROBOCOP – Official Trailer (2014) [HQ] あの特徴的なロボ声と顔のマスクになる部分が自動でシャキーン!っと装着されるのがカッコイイですな!! これは公開が楽しみだ(*´∇`)ノシ マタネ~♪ 公式HPはコチラ⇒⇒⇒ROBOCOP Official HP

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP