【新製品】水で発電する携帯用バッテリー「myFC POWERCHARGER」 が完全に近未来!!

myFC POWERCHARGER01


—わずか10ccの水で発電!!—


水で発電してスマホもカメラも充電できる!?

そんなの無理でしょ!!

できたとしてもでっかい機械がいるんじゃないの??



えっ!?ポケットに入るサイズで携帯できちゃうの??

必要な水は10cc!?

嘘やーーーん!!

でも、ホンマやーーーん!!!



これは本当なのである。

株式会社エバニューより11/18(月)に発売される、水で発電できるポータブル水素燃料電池内蔵充電器「myFC POWERCHARGER」は、わずか10ccの水を使って発電をし携帯電話、スマホ、カメラなどを充電する事ができる。

myFC POWERCHARGER02



◆普段は外部の電源から充電

普段はモバイルバッテリーとして電源やPCのUSBから電源を補充して、携帯・スマホなどを充電する事ができる。

主に真価を発揮しそうなのが、災害時や遭難して外部の電源が確保できない場面だろう。

別売りの「myFC POWERCHARGERパック」

myFC POWERCHARGER03

を使い、タンクに水を入れて水素燃料電池として発電させて非常時に電話や明かりを使用するための電力を確保をする事ができる。



◆iPhone5Sなら約1回分の充電が可能!!

「myFC POWERCHARGER」の本体は、バッテリー容量が1500mAhとなっている。

これはだいたいiPhone5Sと同等のバッテリー容量である。

災害や遭難した時に消費電力を極力抑えて通信が取れるようにしておけば、端末を探す機能などで発見される期待が大いに持てる。

myFC POWERCHARGER 1



◆価格は高いがいざという時の備えとしては◎

「myFC POWERCHARGER」の本体の販売価格は25,200円(本体価格24,000円)である。

また、別売りの「myFC POWERCHARGERパック」は3個で1,575円(本体価格1,500円)となっている。

モバイルバッテリーとしてはもっと安い価格で大容量なものも存在しているが、「myFC POWERCHARGER」の魅力はなんと言ってもわずかな水で水素燃料電池としていざという時に使用する事ができる点だろう。

いくら安くて大容量のモバイルバッテリーを所持していても、バッテリー自体の充電が切れたらそこまでだが、「myFC POWERCHARGER」なら電力供給が止まっていても水があれば発電できる。

アウトドア用品を取り扱っている株式会社エバニューさんならではの商品と言えるかもしれない。


※限定100セットのモニター特価もあり!!

myFC POWERCHARGER04



◆製品情報

【商品詳細】
本体
商品名    :myFC POWERCHARGER(マイエフシー パワーチャージャー)
品番     :WPT001 JAN:4934048858674
価格     :25,200円(本体価格24,000円)
サイズ    :全長128×奥行65×全高42mm
重量     :245g(本体のみ)
バッテリー  :リチウムイオン電池
バッテリー容量:1,500mAh
入出力電圧  :入力:5V 500mA / 出力:5V 1,000mA
環境範囲温度 :使用時:+5~35℃ / 保存時:0~40℃
素材     :ABS,PC
付属品    :本体、充電ケーブル、充電コネクター6個(microUSB、
        miniUSB、FOMA・SoftBank 3G、au、iPhone 4S、iPhone 5)

パック
商品名:myFC POWERCHARGER Puck(マイエフシー パワーチャージャー パック)
品番 :WPT002 JAN:4934048858681
価格 :1,575円(本体価格1,500円)
内容 :パック×3個
サイズ:径50×全高18mm
重量 :30g(1個あたり)
素材 :アルミ、プラ、Sodium Silicide(NaSi)粉末
(※@press様より)





---スポンサードリンク---

---スポンサードリンク---

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP