豚流行性下痢が千葉県でも拡大中!!どんな病気!?人への影響は!?

子豚

豚流行性下痢が全国で拡大し国内の豚肉供給に影響が!!

最近チラホラ聞く豚流行性下痢(Porcine Epidemic Diarrhea略してPED)。

豚肉の養豚場が全国でも4位の千葉県では多くの養豚場で3月末から発症が確認されて、6.7万匹が感染して既に1万匹以上が死んでしまったみたいだよ。

いったいどんな病気なのか。人体には影響があるのか?

今後の展開などについて知らべてみたよ!!

---スポンサードリンク---


豚流行性下痢ってどんな病気!?

まず、この豚流行性下痢っていうのは、豚・いのししが感染する病気で、感染した豚は水溶性の下痢をしたり、嘔吐するなどの症状がでるみたい。

感染源はフンなどからのようで、生後間もない子豚が感染すると死んでしまうが、大人では感染しても回復することもあるんだって。


人体への影響は!?

気になる人への影響なんだけど、感染するのは豚・いのししのみなので、人体への影響はないみたいだね。

鳥インフルエンザなんかは人にも感染しひどい場合は死に至る場合もあったけど、今回の豚流行性下痢はあくまで豚・いのししの病気ってことだね!!


豚流行性下痢にかかった豚肉を食べるとどうなる?

豚流行性下痢に感染した豚肉が流通することは無いみたいだけど、万が一豚流行性下痢に感染した豚肉を人が食べても影響は無いみたいだよ!!

本来病気は人は人、牛は牛、豚は豚で他の種に移ることは無いんだって。
これを種の壁っていうよ。

狂牛病の時も感染した肉を食べると脳がスポンジみたいになっちゃうなんて話がでたけど、狂牛病の肉を食べて症状が出たっていう事例は無いみたいだね。

イギリスでは日常的に牛の脳なんかを食べる習慣があるみたいで、狂牛病に感染した牛肉や牛の脳を食べた人が感染したらしいけど、因果関係はハッキリしていないんだって。


ペットとして飼ってる豚などはどうする??

もしペットとして飼育している豚がいるとすれば、外から菌を持ち込まないように飼い主の手洗いうがいを行う。

フンを介しての感染が多いので、フンの始末はこまめにする。

他の動物を家に入れないなどの対策が有効みたいだね!!


今後どうなるの??

PED

人体への影響はないので感染に怯えることは無いけど、全国で養豚場の多い九州は鹿児島・宮崎(1位・2位)と茨城・千葉(3位・4位)で多くの豚が感染して子豚が死んでしまい、豚の数が大きく減ってしまっているよね。

国産の豚の飼育量が減れば、豚肉を購入する家庭では価格高騰で大きな影響を受けてしまうよね(´;ω;`)ウゥゥ

飲食店の特にとんかつ屋さんなんかは大きな痛手をこうむりそうだよね。。。

現在農林水産省から養豚場の消毒の徹底、農場で使われる車の消毒で他の農場への感染を防いだり、排泄物の管理や感染経路の情報収集を行っているよ。

ワクチンメーカーもワクチンの増産をしてるって話もあるよね。

更に強化していく案としては感染の拡大防止で、消毒の徹底を実施するため消毒にかかる費用の支援も実施していくそう。

拡大が広がっている千葉県ではチバザポーク

チバザポーク

という「千葉県産豚肉」の様々なブランドの豚肉があるんだって。

⇒⇒⇒チバザポークについて千葉県HP

一日も早く感染が止まって美味しい豚肉を安心して食べられること願ってやまないね(*・ω・)シ





---スポンサードリンク---

---スポンサードリンク---

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP