元プロ野球選手の清原和博さんが糖尿病で血糖値が900mg/dlに!?

清原和博02

【悲報】元プロ野球選手の清原さんが血糖値900mg/dlで重症

球界の番長はたまた球界のお祭り男またはだんじりファイターの異名でお馴染みの清原和博さん。

少しまえにあだ名名人の有吉弘行さんにベースボールマフィア(笑)と言われ笑ってしまったが、当の本人が笑えない状況におかれている。

清原和博

現在糖尿病の治療で入院している清原さんだが、その血糖値がかなりヤバイ数値になっているらしい。

その血糖値およそ900mg/dl!!

これは正常な人の血糖値のおよそ9倍、食後の血糖値と比較しても2倍以上あることになる。

清原さんの糖尿病は「2型糖尿病」と言われている。

2型糖尿病とは、ブドウ糖(血糖)が正常より多くなる病気です。初期の頃は自覚症状がほとんどありませんが、血糖値を高いまま放置すると、徐々に全身の血管や神経が障害され、いろいろな合併症を引き起こします。

発症の原因になるものは遺伝と高カロリー、高脂肪食、運動不足などにより引き起こされます。

治療については「インスリンの作用不足」を改善し、血糖値を上手にコントロールすることで、病気の進行を防ぎ、合併症を予防することができます。

※糖尿病についてのHP「LillyDiabetes」の2型糖尿病についてより 

適切な治療をすみやかに行えば改善することはあるだろうが、現在も合併症などを誘発する危険な状態とも言える。

また今回の血糖値が900mg/dlの事実が明るみになったのは、一連の薬物疑惑騒動を受けて病院の診断書を提示したことから発覚したそうだ。

他にも薬物疑惑騒動では北海道日本ハムファイターズで活躍し、第二の番長候補といえる中田翔選手が

中田翔

清原さんの食事のお誘いを断ったなど様々なところで物議かもしている。

清原さんは中田選手へ向けて「この騒動で他人を介してドタキャンしてきたこと。こういうときにこそ、ホンマの人間関係がわかるね」と話したそうだ。

これに対してネットでは中田さんを擁護する発言がとびかっている。

「中田は現役選手だぞ。 清原の方からキャンセルしてやれよ。」

「ちっちゃいな。先輩らしくフォローしろよ。」

「キャンプ中だし、球団が全力で止めるわな。」

もっともな意見だと思うが、そもそも糖尿病なのに外食はまずいのではないか?と思ってしまった。

一日も早く健康な生活を送れるようになって、中田選手とも和解して欲しいものだ。

---スポンサードリンク---


成人の糖尿病について

そんな清原さんを苦しめる糖尿病だが、現代病とも言われ40人に1人の割合で糖尿病を患っている人がいるという。

一度かかってしまうと完治しないものの、運動療法・食事療法や薬を服用しての治療で血糖値を平均に抑えることは可能だ。

糖尿病については清原さんが患っている「2型糖尿病」の他に「1型の糖尿病」がある。


「1型糖尿病」とは!?

1型の糖尿病はすい臓でインスリン(血糖値を正常に保つ役割がある)という物質が作られず、血糖値を正常に保てなくなるものをさす。

普段よりのどが渇いたり、頻尿であったり、急激に体重が減少したり疲れがひどい時はもしかしたら糖尿病の可能性があるかもしれない。

ただしこの「1型糖尿病」は遺伝の場合が多く、発症は子供のうちから発症する確立が高いそうだ。

ここで糖尿病について調べよう!!
↓   ↓   ↓
LillyDiabetesさんの「糖尿病とは?


糖尿病にかかっている有名人

著名な人で糖尿病を患っている人といえば、みのもんたさん、経済評論家の森永卓郎さん、タレントの大竹まことさんなどがいる。

他にも海外ではエリザベス・テイラー、作曲家のバッハ、ロックの神様エルビス・プレスリーなど糖尿病を患っていたようだ。

また、糖尿病を患った人として伝説を残しているのがアントニオ猪木さんだ!!


アントニオ猪木氏の糖尿病治療伝

アントニオ猪木さんはプロレスの現役時代は一日に15000kcalというとんでもない食事をしていたそうだ!

消費カロリーもは8000kcalとあったものの、7000Kcalもオーバーしている。

これは成人男性の役3.5倍に相当する。

猪木さんも清原さんと同じ2型糖尿病だそうだ。

食べ過ぎ・飲み過ぎによるものであるが猪木さんは血糖値が600mg/dlだった。

これに対して医者と食事療法で一日のカロリーを約5000kcal以下にして、一日1時間の歩行などの運動もとりいえれていたそうだ。

しかし、猪木さんはこれに留まらず氷を入れた氷水風呂に入るという荒行をしていたというのである。

なぜ猪木さんは氷水風呂に入っていたのかというと、氷水に入り寒さでガタガタと震えることにより筋肉でエネルギーが消費されると考えたため、実践していたそうなのである。

その他にも同様の効果を期待して冬の海に入っていたこともあったそうだ。また弟子も一緒になって冬の海に入れるなど豪快な猪木さんらしい治療方法であった。

しかし医者によればこれは全くのデタラメな治療であり決してマネをしてはいけないと話している。

適切な食事と運動、そして投薬により改善していける糖尿病には医師の指導のもとで正しく行っていきたい。

自宅でできる糖尿病予防

まだ糖尿病にかかっていない人も自分が現在糖尿病について何処まで進行しているのか?

気になる人はメディチェケ
で生活習慣病+糖尿病検査キットを使い、自宅で簡単に検査をしてみては如何だろうか?

自分の現在の状況を知り、適切な処置を行うことで将来的に糖尿病を回避できるかもしれない。

メタボ気味の人のみならず、特に何もしていないのに体重が減少している人も糖尿病のリスクを抱えているケースもあるので、お医者さんにかかるか検査キットで自分の状態を把握してみるのは如何だろうか?





他にも血糖値を下げる効果が期待できるサプリとして人気のアグリ生活「グラシトール」も試してみては如何だろうか?

アグリ生活のグラシトールはアイスプラントの健康成分ピニトールが特徴の今話題のサプリメントです。
テレビで紹介されてから、あっという間に口コミで広がっています。ピニトールは植物性インスリン様物質とも呼ばれる成分で、血糖値を下げる作用をもった注目の成分です。
また、ビタミンBや亜鉛などインスリン合成と関連する成分もしっかり配合されており、バランスが良いのも特徴です。
気になる価格ですが、通常価格で4,780円、定期購入の場合は一ヶ月4,063円、1日あたり約135円とたいへん経済的です。
1日の推奨摂取量も、たったの6粒程度ですから気軽に続けられる様です。
ピニトールは血糖値を下げる作用のほかにも、肝臓の抗酸化にも役立つという報告もあり、なかなか期待できる成分だと言えるでしょう。

血糖値を下げるサプリメントさんのランキングより



美味しいものを食べている時は本当に幸せで、日々のストレスを忘れる至福の時であると思う。
しかし、生涯に渡って美味しい物を食べたいときに食べれるようにするには、やはり健康でなくてはならない。

清原さんや猪木さんのように超高血糖になる事はなくても、糖尿病のリスクを下げる工夫を普段の生活に取り入れたいものである。
今回の清原さんの糖尿病騒動は同世代の人たちに対して、自分の健康を考えるチャンスをくれたものだとおもう。

お祭り男としてこれからも大活躍を願う清原さんの一日も早い回復を祈りつつ、私も自分の健康状態についてきちんと知っておきたいと思う(。´Д⊂)





---スポンサードリンク---

---スポンサードリンク---

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP