【動画有り!!】サヘル・ローズさんの滝川クリサヘルが話題!壮絶な過去!流行語は「おもてなし」!?

サヘル・ローズの滝クリ


—クリソツ!滝川クリサヘルさんが可愛い!!


昨今外国人のタレントさんが多く活躍されているが、とある人気キャスターのマネをして一躍話題になった女性がいる。

イラン出身のタレントのサヘル・ローズさんだ!

サヘル・ローズ2

今回サヘルさんがモノマネをしたのは、東京オリンピック招致の立役者である人気キャスターの滝川クリステルさんである。

「お・も・て・な・し(ハート)」

滝川クリステル



2人ともオリエンタルな顔つきなのでとっても似ているが、サヘルさんはイラン出身のペルシア人で滝川クリステルさんはお父さんがフランス人でお母さんが日本人のハーフである。

因みに滝川クリステルさんの本名は「滝川・ラルドゥ・クリステル・雅美」(日本名:滝川 雅美)というそうだ。

滝川雅美さんっていう名前も似合っていますな~



◆笑顔も声も素敵なサヘルさんの壮絶な過去

笑顔も素敵で日本人よりも日本語を綺麗に話すサヘルさんだが、その過去は壮絶な体験をされている。

幼い時にイラン・イラク戦争でご両親と10人の兄姉を亡くしているのである。

生家が空爆にあった時に奇跡的にサヘルさんだけが救助され、その後孤児院で過ごす事になる。

救助をしたのはボランティアで救助活動を行っていたフローラさんという方で、孤児院にサヘルさんをお見舞いに行った時にサヘルさんがお母さんと呼び慕った事から、フローラさんはサヘルさんを引き取った。

【サヘルさんと養母フローラさん】

サヘルさんと養母フローラさん

しかし、身分の高いフローラさんの家族は孤児であるサヘルさんの養育を認めず、フローラさんとサヘルさんへの経済援助が止められてしまう。

その後2人はフローラさんのフィアンセであった男性を頼ってサヘルさんが8歳の時に日本に移住するが、フィアンセの男性とフローラさんの生活が上手くいかず、ほどなく男性と別れることになり、フローラさんは職が無くこの後赤貧の生活が続くことになってしまう。

【サヘルさんがいつも持ち歩くフローラさんの写真】

サヘルさんと養母フローラさん2

フローラさんは給食の調理師さんと親しくなり、生活のサポートを受けたり、サヘルさんの通う学校の校長先生から補修授業で日本語を学ぶ。

小学校、中学校時代はいじめも受けていたそうだ。



◆日本のあのドラマがサヘルさんを女優の道へ

苦境の幼少期を過ごしたサヘルさんだが、日本が世界に誇る名ドラマを見て女優を目指すようになったのは有名な話だ。

そのドラマとは先日リメイクされて映画化もされた「おしん」である。

おしん

サヘルさんはイランでも放送されたドラマ版のおしんを見て、女優を目指すようになったという。

日本に来て10代になる頃に芸能界に入り、モデルやラジオ番組の出演や他の外国人タレントと日本の名所を訪れてリポートするなど活躍の場を広げた。

日本テレビの「THE・サンデー」では先の滝川クリステルさんのものまねでニュースを読む「滝川クリサヘル」として出演。

今回流行語でもノミネートされている人気塾講師で「今でしょ!」でお馴染みの林修先生と一緒に「最新パソコン買うなら今でしょ!」キャンペーンに登場。

林先生は滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し(ハート)」に流行語は譲りますなど、コメントしていた(笑)



◆流行語2013年はライバル多し!!

少し話は変わるが、2013年の流行語は近年まれに見る豊作と言えそうだ。

いくつかピックアップすると、

「いつやるか、今でしょ!」
「お・も・て・な・し」
「倍返しだ!!」
「じぇじぇじぇ!」
「ふなっしー」
「バカッター」
「ブラック企業」
「アベノミクス」
「iPS細胞」
「DJポリス」

など、少し忘れているものもあったがどれも大きく話題になった言葉ばかりである。

ちなみに筆者は知らなかったが、

「〇〇インティライミ」という言葉が流行ったそうで、どういう使い方をするのかネットで探しても見つからなかった(汗)

知っている方は是非とも教えて欲しい。



話はそれたが強豪揃いの2013年流行語大賞は半沢直樹ファンの筆者としては「倍返し!」を応援したいが、サヘルさんが滝川クリサヘルとしての活躍できるように、当ブログでは滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し(ハート)」を応援していくぞ!!

素敵な笑顔と美声と時々放つおやじギャクを武器に滝川クリサヘルことサヘル・ローズさんの活躍を願う!!



~~~動画を追加しました。~~~※2013/11/11(ポッキーの日)






林先生と滝川クリサヘル





---スポンサードリンク---

---スポンサードリンク---

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP