【鳥ゲー】フラッピーバードが提供中止!攻略が激ムズなのに人気の理由とは?

フラッピーバード

無料ゲームアプリ「フラッピーバード」が提供中止!!人気鳥ゲーに何が?

皆さんゲームはお好きだろうか?

最近はスマホで無料で遊べてしかもかなりハマるゲームが多い。

パズドラやLineポップやポコパンなど筆者もはまったが、その理由はやはり爽快感だと思う。
上手く連鎖できたり相手を倒す時の喜びや、シンプルな操作で分かりやすく初めてすぐに楽しめるのがポイントだろう。

しかし、そんなゲームが難しかったどうだろうか?
始めてすぐにゲームオーバーになり、攻略の糸口が見つからなければすぐにアプリごと削除である。

そして、モヤっと残ったストレスを他のゲームで解消する。

そんなプレイヤーをイラっとさせる事で有名なゲーム「フラッピーバード」をご存じだろうか?


イライラゲームの頂点?フラッピーバードについて

フラッピーバードはベトナム人のドン・グエンさんが作ったスマホ向けゲームで、画面をタップして上下に動く鳥を操作してマリオシリーズのような土管を避けるというゲームだ。

単純な操作ではあるが以外にも攻略が難しくネットでは鬼畜ゲーとも言われている。

しかし、その難しさが逆にプレイヤーのゲーム魂に火をつけた。
挑戦→失敗→再挑戦→失敗の繰り返しにより時間を忘れてプレイをし続ける事になるのだそうだ。

---スポンサードリンク---


フラッピーバードの提供中止とその理由は?

そんなフラッピーバードの人気に火がついたのは昨年の11月半ば頃。

とあるSNSユーザーが攻略が難しい鬼畜ゲーという内容の投稿でフラッピーバードの名前を挙げた所から一気に火がついたそうだ。

人気が高まるにつれてフラッピーバードの広告収入はなんと1日に5万ドルにも達したそうだ。
ちなみにプレイ中に広告を気にしていると即ゲームオーバーになってしまうので注意が必要だ!!

そんな人気絶頂の中でなぜ開発者のドンさんは提供を止めることになったのだろうか?

2月8日にドンさんはツイッター上で「22時間後にフラッピーバードの提供を止める」とした発言をした。
フラッピーバードについては何処かに売るつもりも無く、法律的にも問題は無いとしながら「ただ続けられなくなった」と語っている。

一部の推測としては、フラッピーバードの攻略の難しさや操作のシンプル性により、ゲーム中毒になってしまったり、ゲームのやりすぎで夫婦間の仲が悪くなってしまったなどの理由に耐えきれなくなったドンさんが提供を中止したという説や、単純に人気になりすぎて対応しきれなくなったなど諸説ある。

しかし、ネットでは病み付きになるフラッピーバードで色々な人を不幸にする事に耐えられなくなった為では?との説が有力だ。

ドンさん良い人過ぎる~(*´;ω;`)



ちなみに如何に人気のアプリであったかという話で、アプリの提供が中止された後に既にダウンロードしていたユーザーがフラッピーバード入りのiPhoneをオークションに出品した所、70件以上の落札があり9万ドル近い値がついたそうだ。

ここまで人気になっているとは知らず。。。一度プレイしてみたかった。

ドンさん!!やってみたい人はたくさんいるので、もう一度復活させてくれ!!っと願ってやまない。


ドンさんが作ったその他のアプリ

30 and Dirty⇒⇒⇒http://iwire.jp/appch/apps/301027057/30%20and%20Dirty/
(30 and Dirty Lite-無料版-⇒⇒⇒http://iwire.jp/appch/apps/314082241/30%20and%20Dirty%20Lite/

http://iwire.jp/appch/search/artist/q:Don%20Nguyen/





---スポンサードリンク---

---スポンサードリンク---

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP