危機一髪食事中のクジラと接触寸前で撮影した動画が迫力満点!!

クジラ接近

迫力満点の動画を取るのは命がけ!!

カメラマンの仕事の一つは世界が驚くようなスクープを撮影することだと思うけど、その撮影は命がけっていうことがよく分かる動画をみつけたよ!

その動画は、南アフリカ共和国の東ケープ州南部に位置するネルソン・マンデラ・ベイ都市圏の一地区であるポート・エリザベス沖でのこと。

豊かな海の中を悠々と泳ぐイルカたち。

空から魚を狙い一直線に海に突撃して狩りをするカツオドリ。

集団で泳いで外敵から身を守る魚の大群と、それをものともしない海のハンターのサメ。

海の中をのぞくとそこには様々な生態垣間見ることができるので、多くの人はそういう映像に興味を惹かれるもの。

今回もカメラマンは海の中で繰り広げられる食物連鎖の様子をカメラに収めようとしていた。

---スポンサードリンク---



サメが大群の魚を追いかけ、空からはカツオドリが海にまるで矢が打ち込まれたかのように鋭く突進して魚を捕まえている様子を撮影していると、次の瞬間衝撃的な光景が!!

それでは動画を見てみよう!!

Diver Is Nearly Swallowed By A Whale



サメや魚の大群が突如クモの子を散らしたように逃げたと思ったら、海底から大きな口を空けてクジラが魚の大群を今まさに捕食するところだった!!

その距離は何mも離れておらず、もし後少し近づいていたら約7トンもの巨体がカメラマンを襲っていたことだと思うΣ(´□` )

今回の動画で撮影されたクジラは恐らく南半球に生息しているクロミンククジラだと思われる。

ミンククジラ

ミンククジラは大きさはオスメス平均で約7メートルで体重は7~8トン。

1990年代は70万頭ほどいたみたいだけど、その後は50万頭に減り現在も減少傾向にあるんだって(ノω・、) ウゥ・・・

雄大な姿を見せてくれるクジラ達の姿が見れなくなってしまうことの無いように、環境問題について少し考えて、自分ができる所から何かを始めてみたいと思ったよ。。。

こういった海の生物たちの動画には地球を守ろうというメッセージが込められているのかもしれないね(*´∇`)ノシ マタネ~♪





---スポンサードリンク---

---スポンサードリンク---

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP