「製品情報」の記事一覧(2 / 2ページ)

【新発売!!】音響メーカデノンからDHT-T100発売!!これは欲しいぞ!!

DENON

—デノンからベースタイプのスピーカーが新登場!!— 音響機器メーカーのデノンがテレビの下に設置するタイプの スピーカー【DHT-T100】の発売を発表しました!! 近年、テレビの大画面化と高精細化によって、迫力ある映像を家庭で気軽に楽しめるようになりました。 その一方で映像のクオリティにふさわしいサウンドを省スペースで実現したいというニーズが高まっています。 「映画、音楽、スポーツ、ゲームなどのコンテンツを迫力あるサウンドで楽しみたい! でも大がかりなシアターシステムを置く場所がない」 そんな悩みを解決してくれるのがTVスピーカーベース 「DHT-T100」 です。 コンパクトなワンボディスピーカーにテレビを乗せてケーブルを1本つなぐだけの簡単設置。 最大50インチ(27kgまで)のテレビとの組み合わせが可能です。 大容量のキャビネットと2つのオーバルウーハ―による迫力の重低音。 そして、「ムービー」、「ミュージック」、「ボイス」など、 コンテンツに合わせて選べる5つのリスニングモードで臨場感あふれるサウンドを実現。 さらに、BluetoothRおよびaptXコーデックに対応しており、スマートフォンの音楽もワイヤレス、高音質で楽しめます。 (DENONのホームページより) —【DHT-T100】注目ポイントはココ!!— 1、テレビの下敷きにしてスペースを確保!! 最大50インチ(27kgまで)の大型テレビを乗せられます。 お家で5.1chなどのサラウンドシステムで迫力ある 音声を楽しみたいと思っている人は多いと思います。 しかしウーハーはここ、サブのスピーカーはここかな?? など、いくつかのスピーカーを常時設置するのは 難しいし、良い位置に設置するのは手間だったと思います。 過去にYAMAHAからデジタル・サウンド・プロジェクター 【YSP-1100】が発売されました。 このスピーカーは音の反射を利用して、 複数のスピーカーが無くても5.1chのサラウンドを楽しめました。 DHT-T100も原理的には似ていますが、 決定的に違うのはテレビの下に設置できる事で、 スピーカーの設置場所で悩む必要が無くなりました!

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP