「音楽」の記事一覧(2 / 7ページ)

これこそストリートの魅力!見知らぬ3人が即興ジャムで演奏する曲がカッコイイ!!

3人の即興ジャムがカッコイイ

ストリートカルチャーとはこういうもの!って感じの3人のメンズのジャムがカッコイイ!! カッコイイ音楽には人が寄ってくる。 それはまるで、深い闇につつまれた中に燈された灯りに吸い寄せられる虫達のように。。。 なんてねヽ(○´3`)ノ でも、音楽に吸い寄せられた男達が見せる即興のジャムセッションがカッコイイって話題になってるね((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

【ギタリスト必見#7】左利きのEric Galesは右利きのギターをそのまま弾いてスーパープレイ!!

Eric Gales

右利きのギターをそのまま左利きとして使うEric Galesさんがゴイスー!! 久々のギタリスト必見!!シリーズをお届けしたいと思います!! 昨日FacebookでスーパーギタリストのEric Johnsonさんの投稿を何気なく見ていたところ、一つの動画付きのエントリーが投稿されていたんだよね。 Youtubeでアップされた動画を見ていたら関連動画で、Eric Johnsonさんと一緒にギターを弾く一人のギタリストが。 どうやら、この前行われたJimi Hendrixのトリビュートコンサートでの二人のセッションの動画みたい。 Eric Gales Eric Johnson – May This Be Love (Experience Hendrix 2014) ⇒⇒⇒EXPERIENCE HENDRIX : HAVE YOU EVER BEEN EXPERIENCED? (トリビュートコンサートの情報はコチラ) Eric Johnsonさんが煌びやかなサウンドを奏でる隣で、左利きのギタリストもとっても楽しそうにジミヘンの「May This Be Love」を弾き歌いっている。 歌も上手いしそのギタープレーもジミヘンを彷彿とさせるけど、何よりその演奏しているときの動きがジミを思い起こしてしまうよね((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪ この動画を見ていて思ったのは、Eric Johnsonさんと肩を並べてとても楽しそうに弾いているギタリストは誰なのかって?って事と、このギタリストの左利きのギターって右利きのままじゃありませんか?っていう事Σ(゚ロ゚;)

イマイチなギターをカッコ良く甦らせる動画に驚嘆!!ギター製作って大変やぁ(汗)

イマイチなレスポールスペシャルが華麗に復活する過程をまとめた動画が凄い!! ギターやベースを演奏している人が見たら、自分の楽器が如何に手をかけられて作られたかが実感できる動画を見つけたよ((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪ この動画を投稿されたsmileythejazzcat(アカウント名)さんが所有しているレスポールスペシャルはネックのセンター位置がずれていたり、弦とピックアップの位置がずれていたりetc…と若干ギタリスト泣かせなギターだったんだよね(ノω・、) ウゥ・・・ でも、そんなイマイチギターを不死鳥のように見事に甦らせているんだよね!!

【ミュージシャン必見!!】佐久間正英さんのレコーディングが勉強になりすぎる!!

今は亡き佐久間正英さんのレコーディングの様子を撮影した動画が目から鱗!! 四人囃子のベーシストにして、JUDY AND MARYやエレファントカシマシ、GLAY、BOØWY、くるりなど数多くのバンドのプロデュースも手がけた、まさに日本を代表するミュージシャンでありプロデューサーである。 惜しくも今年の1月16日にスキルス胃がんでこの世を去ってしまったが、音楽を作るのみならず、日本の音楽業界の今後についてなどの対談を実施するなど、音楽そのものに人生を捧げた人であった。 佐久間正英氏 × 榎本幹朗氏 特別対談 【前編】

吉祥寺バウスシアターの爆音映画祭で見れるオススメ音楽映画!!

爆音で見る映画&ライブ映画!! 2014年の5月末をもって30年の歴史に幕を閉じる吉祥寺バウスシアターだが、最後の最後に映画ファンを楽しませてくれる作品が上映されるぞ!! 映画のサウンド革命!!爆音上映!! 吉祥寺バウスシアターでは6年前の2008年5月より爆音上映が行われていた。 爆音上映とは通常の映画用の音響機器ではなく、ライブなどで使用される音響機器を使って音量を上げて爆音で映画や音楽映画を上映する音にこだわった上映スタイルだ。 ただ単に音量だけを上げたのではなく、上映する作品にあった適音で上映している。 最近の映画館では音に迫力がある場所も増えてきてはいるが、音の志向は映画向きである。 しかしバウスシアターでは作品をより楽しむために音に視点をもってくることで、通常では聴こえていなかった音も感じられ、既に見た作品でも新しいとさえ思える作品として見れるのだ。

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP