「2014年1月6日」の記事一覧

【悲報】くまモンが県民から裏切りモンと言われる!?なぜ?県民の信頼を取り戻せ!!

人気ゆるキャラのくまモンが大変なことに!!県民から裏切りモンの声が・・・ ひこにゃんから始まったゆるキャラブームで一番知られて、一番稼いでいるゆるキャラと言えば熊本県のご当地キャラのくまモンだろう。 2013年に大活躍したゆるキャラで年間1位をゲットしたふなっしーとは良いライバル関係にあるといっても良いし、体型的に愛されやすい形と機敏な動きと、時々見せるいたずらっ子な所で日本中で人気である。 しかし最近そんな人気の裏でひそかに「裏切りモン」と言われるという悲しい話が入ってきた。 理由はネット上でも既に話題になっているが、 上記の二つの写真のように浅草の浅草寺の提灯や広島のもみじ饅頭を抱いた、明らかに他県の名物をフィーチャーしている。 その他にも他のキャラクターとのコラボも実現している。 まさかの阪神タイガースとのコラボ! サンリオの主役キティちゃん(キティちゃんも仕事熱心だ!) ボーカロイドの初音ミクとも!! あらゆるジャンルを超えて活躍をしている事が分かる!! 一方でくまモンの地元熊本県民は!? 他県や他のキャラとのコラボはおいしいのか地元以外での活動が多く、最近では熊本ではくまモンが見れないとの不満が県民の間で噴出している。 「くまモンは熊本県民を裏切ってるぅうう!!」 「ご当地キャラのくせにご当地にいないじゃないのよぅ!!」 などの地元からの声にくまモンがいたたまれず、疎開してしまったのではないかと言われるほどだ(汗) しかし、ここでライバルふなっしーの名言からくまモンの行動のフォローしたいと思う。 『ゆるキャラグランプリで優勝したふなっしーが次回の参戦を辞退した時の名言』 「地域の活性化が大前提にあるなっしー。まだ埋もれているキャラクターがグランプリで1位をとって、そこが活性化するのがこういったグランプリの趣旨なっしー。連覇を掛けて優勝した人が乗り込むのは、少し違うなっしー」 これは同じグランプリで優勝して自分の地元だけが活性化する事を願うのはゆるキャラの趣旨から外れるというふなっしーの叫びである。 地元を盛り上げるのはモチロンだが、他の地域をひいては日本を盛り上げる為にもくまモンの魅力を活かす事は必要なことなのかもしれない。 「蒼蠅驥尾に伏して万里を渡る」 この言葉に通じるものがある。 また英雄となる人は敵にも味方にも悪口を言われるものだ。 ここでへこたれず日本で、いや世界中で活躍し世界の「KUMAMOTO」となれば、県民もさすが!と見直す事だろう。

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP