「2013年12月7日」の記事一覧

【衝撃】オアシスのノエル・ギャラガーがカニエの新作を絶賛!?その他ノエル絶賛の新作

—フ〇ッキン・ロッカー ノエル・ギャラガーが以外な人物を絶賛!!— イギリスが世界に誇るロックバンドOASISの元メンバーである、ノエル・ギャラガーがローリング・ストーン誌のインタビューでとあるラッパーのアルバムを絶賛し話題になっている。 そのラッパーとは先日「【理解不能!?】人気ラッパーKanye WestがデザインしたTシャツが衝撃的!!でもソールドアウト。。。」の記事でも紹介したアメリカが世界に誇るラッパー/プロデューサーのカニエ・ウェストである。 ノエルによればカニエが今年発売した新作の、 「Yeezus」 の事を絶賛したという。 インタビューの中では、カニエがBBCラジオのゼイン・ロウの番組に出演し、司会のゼイン・ロウに質問する隙を与えずしゃべり倒したという話をノエルが聴いてBBCの動画でインタビューを見たところ大変に気に入ったようだ。 Kanye West. Zane Lowe. Part 1. ノエルが特に気に入ったのは、カニエが革製のジョギング・パンツを発明したのは自分だと延々自慢したくだりだそう。 その後のパーテエィでカニエの新作「Yeezus」の、 Kanye West – Black Skinhead (Blkkk SkkkN Head) を聴き、アルバムを聴いたらお気に召したようだ。 以下はノエル談。 「その後パーティに顔を出したら“ブラック・スキンヘッド”がかかってて、誰の曲かわからなくて、さっきも言ったように俺はこの手のものには詳しくないからね、『これ、誰?』って訊いたらカニエの新作の曲だと。そこで新作を手に入れてみたら、ファッキンすごいんだ。これ本当に好きだよ。特にあのトラックね、ファッキンいっちゃってるよね。ロー・ファイでパンク的なヴァイブがあるんだよ」 ※RO69さんの記事より 「ファッキンいっちゃってるよね」や「パンク的なヴァイブがある」とかノエルらしいコメントだが、ヒップホップなんて聞かないと思っていたし、ギャラガー兄弟はラッパーとかコケにするのが趣味みたいな人たちだと思っていたので、ノエルの今回のカニエの新作絶賛には驚かされた。 ◆その他、ノエルのおすすめのバンド 同インタビューの中でノエルはデヴィッド・ボウイの新作、 「The Next Day」 については「ファッキン名盤だよね」と話しており、デヴィッド・ボウイ世代のミュージシャン(ニール・ヤングを除いて)はコキおろしたが、デヴィッド・ボウイについては10点中11点をつけたいという程絶賛している。 その他、半分だけ良かったとアークティック・モンキーズの新作「AM」を挙げていた。 「AM」 ※RO69さんの記事より いつも誰かに噛みつくノエルが絶賛する上記の3つの作品皆さんも聞いてみては如何だろうか?? ちなみに筆者はYeezusを持っており、このアルバムを絶賛している事には諸手をあげて賛成したい。 ノエルが聴いたブラックスキンヘッドは、808s & Heartbreakの頃から取り入れられて、前作のMy Beautiful Dark Twisted Fantasyの 【LIVE】カニエウェスト (Kanye West) / Power でも聴けるアフリカンなビートが魅力な一曲である。 カニエの新たな一手を示した本作は図太いリズムとエレクトロなサウンドが織り交ざったかと思いきや、サンプリングされたメロディがメランコリックな雰囲気を演出しおり、アルバムを聴いてはいるが一本の映画を見ているような感じで、曲の展開にスリリングさを感じた。 おすすめなので是非とも聴いてみてほしい。

【最新作】トリック 劇場版ラストステージに水原希子ちゃんの謎の呪術師役が似合いすぎ!!※ネタバレ

f70e08e4a6c8b995d192dc158062e499-e13863489373621

—水原希子ちゃんがトリックシリーズ完結の映画に出演!!— 先日の思わずキュンキュンしちゃう水原希子ちゃんの動画について記事にさせてもらった。 そんなキュート過ぎるモデルの水原希子ちゃんが来年というか来月の2014年1月11日(土)に公開される人気ドラマであるトリックの劇場版「トリック 劇場版ラストステージ」に出演するぞ!! ◆トリック 劇場版ラストステージとは?(若干ネタバレ有り) 今回トリックの舞台は初の海外になるようだ。 あらすじは以下の通り。 ある日、天才物理学者の上田次郎(阿部寛)の元に一人の男が現れる。 加賀美慎一(東山紀之)と名乗る貿易会社社員だ。 加賀美は海外の秘境で豊富なレアアースの採掘権を獲得していたが、問題をかかえていた。 その問題とは現地部族が立ち退きを拒否しているというのだ。 立ち退きを拒否するその背後には部族が信奉している呪術師(水原希子)の存在があった。 加賀美は天才物理学者の上田次郎に呪術師のトリックを見破り、部族を立ち退かせてレアアースの採掘に協力するよう要請する。 上田は自称天才マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)に呪術師のトリックを見破るべく力を借りて、現地を目指す。 山田と上田は立ち退きを拒否している部族の元を訪れ、生死を操るという怪しげな呪術師に出会う。 2人は呪術師のトリックを見破ろうとするが・・・。 ◆主題歌は鬼束ちひろの「月光」 今回の主題歌はドラマ版のエンディングでもある鬼束ちひろさんの「月光」が選ばれた。 監督の堤幸彦氏は完結編となるトリック 劇場版ラストステージをトリックシリーズの集大成として位置付けているようで、主題歌をドラマ版のエンディングでトリックを印象づけた同曲を採用したようだ。 また今回は山田奈緒子の出生の秘密も明かされるとの噂もある。 これは非常に楽しみである。 黒門島でシャーマンをしていた山田奈緒子の母である山田里見(野際陽子)が時々見せた不可思議な力(文字の力も?)や山田の父・剛三が死の間際に霊能力者の存在を認める発言を残していた。 これらトリックあった伏線のような解明できない謎を山田奈緒子の出生の秘密により明らかになったら面白いなと思っている。 ◆水原希子ちゃんが演じる呪術師とは?? 水原希子ちゃんは、今回の映画ではレアアースが豊富にある秘境の部族に信奉される呪術師役という事だが、生死を操る呪術師という話以外は情報が特に入ってきていない。 何か情報が入り次第お知らせしたい! それにしても、何とも役に馴染んでいると思うのは筆者だけであろうか? キュートな反面ミステリアスな一面もある上に、ユニークな一面もある水原希子ちゃんなのでトリックシリーズの怪しい感じのキャラはまさにはまり役と言えるだろう。 他にもカツラ刑事の矢部謙三(生瀬勝久)やメンバーに同行する医師・谷岡役の北村一輝など、キャストも豪華だ! でも一番は呪術師の水原希子ちゃんに要注目である!!

サブコンテンツ

過去の記事

スポンサードリンク

△TOP